kin's labo

目の前にある私の暮らしとSDGsとPoints of You

大学もSDGs

 こんにちは。

 先日中学入試にもSDGsが登場するかもという記事を書きました。今日は大学の取り組みを記載します。

 

本年4月には、第14代学長として槇野博史学長が就任し、「槇野ビジョン:しなやかに超えていく『実りの学都』へ」を発表、さらなる活動の推進を実施しています。
 この「槇野ビジョン」は、国連が掲げる「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals;SDGs)」[New window]と深い関連性があります。岡山の地は、「持続可能な開発のための教育(Education for Sustainable Development;ESD)」において、本学などでつくる「岡山ESDプロジェクト」が、2016年9月に「ユネスコ/日本ESD賞」を受賞。さらに岡山市は2017年1月に「ユネスコ学習都市賞2017」を受賞[New window]するなど、わが国を代表するESDの実践の場となっています。この持続可能な社会づくりのための担い手を育てるESDは、SDGsの開発目標に取り組み、達成するための人材育成として位置づけられます。

 

 このように大学経営の場面でもSDGsが使われています。これにより学内はもとより海外からも評価されるビジョンを提示しやすくなります。子どもにも大人にも社会にも評価されるものが作られるようになります。

 

 身近なところなでいろんな事を始めています。