kin's labo

目の前にある私の暮らしとSDGsとPoints of You

WYSH教育

Well-being of Youth in Social Happinessの略でWYSH。全ての子どもたちの幸せ。幸せに過ごせるようにするためには、目先の知識やスキルの提供ではなく、本人が自主的に行動を変える必要がある。そのためには、

・自尊心の醸成が必要

・支える人々の存在が不可欠

 

中学2年生は中だるみの時期で、その時に自分探しをする。授業、部活の繰り返しの中で勉強は何のためにやるのか、その問題意識が生まれるような情報提供を行い、自分で考える。

 

私が関わっている子ども達、この先きっといっぱい困難が待ち構えていると思うけど乗り越えて欲しいなぁ。そのためには彼らに圧倒的に不足している自尊心を養う事をやりたいなぁ。小学生でもわかる内容にして、しかも遊びをの中に仕込んで。

 

 彼らの意識が変わると親も変わると思う。いや、子ども達は変わる必要はない、気持ちを素直に表現できればいい、思いを伝えられればいい。

 

 なんかできないだろうか。