kin's labo

目の前にある私の暮らしとSDGsとPoints of You

準備→行動→片付けとたすくま

こんにちは、kinです。

 

 毎日暑いですね。あまりの暑さに全くやる気が起きないです。そうは言っても勉強しなければならず土日とサンウェル沼津という施設の隅っこの端っこで勉強してました。

 

 ぞのさんのブログぞのドットコム - 楽しい人生は、身近なコト・便利なモノからを読んで自分はタスクシュートユーザーだった事を思い出しました。サラリーマン時代はタスクシュートなしでは仕事ができないほど依存してました。今は職場にパソコンがないのでタスクシュートは使わず(使えず)ノートにチェックリストを作って対応してます。プライベートでは、たすくまをチェックリストのように使っています。でもたすくまを活かした使い方をせず。

 

 そしてみつこさんのブログどうしたら習慣化できるの? コツは「準備」と「後片付け」★行動は3つのアクションから成る | ブレない自分軸をつくる行動習慣術+天職での起業法を読むと

 

行動とは
「準備」⇒「実行」⇒「後片付け」の
3つのアクションから 成る。

 

とありました。私は思いつき→実行→それっきり でした。そこで私の人生を激変させた逆算手帳の月間ガントチャートにチェックリストを作りました。

 

 f:id:machu4946:20180716100933j:image

ガントチャートでスケジュール管理しているので欄が足りなくて◯でチェックできないんですが(o^^o)

 

 毎朝自分と向き合う時間をたすくまでスケジュール化してみようと思います。毎日実行できる小さな目標が必要だと「孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたPDCAサイクル」にも書いてありました。

 

書き出してあれば「後片付け」もやりやすいかな。後片付けは3つのRを意識するといいそうです。
 1.記録 (Record)
 2.報酬 (Reward)
 3.リセット (Reset)
 


習慣化するためには「快」の感情をもつ

何よりも 自分なりの「ひと工夫」を することがなによりも 大事なのだそうです。

 

 さあ今日も暑くてダレてしまいそうだけど

社会福祉士国家試験の勉強と大学の勉強

・障がいを持った子ども達に適切で快適な場を提供する

・障がいを持った方が地域で共に暮らすためのサポーターを作る、心のハードルを下げる

SDGsを通して地域づくりとつながりをつくる

・大変元気なお父さんやマダム達(平均年齢80代)の元気の秘訣とこの先も維持していくために何が必要か探る

 

思いつくだけでもこれだけあるけどこんな事をやってくぞー。

「カフェパウゼで法学を」読んでみた

こんにちは、kinです。

 

 著者の横田さんに数年前会った事があって法学の本でもきっと面白いだろうと思ったのが本書を予約した理由でした。

 

 読んでみたらいい意味で期待を裏切ってました。私は現在大学生(日本福祉大)毎回レポートで苦しんでます。むかーしむかしのことじゃったがレポートや卒論はやりました。でも学び方という面では甘かったことを再認識しました。

 

 参考にすべきところはいっぱいありますが、その中でも3つあげます。

 

自分の領域を仮設定してみよう

 本書は学生向けに書かれたものですが、おっちゃんにも適用できますね。おっちゃんの場合、ヤバイは騙されるだけではなく取り返す時間が学生より少ないから判断力も必要ですね。

 

発想→整想→成果物の順で作業

  改めて言われるとあたりまえだけど、この前のレポートはこの手順で進めてなかったです。

いろんなアイデアを頭の中から紙に書き出す。これが発想。次に書き出したアイデアを取捨選択、並べ替えたりする整想。最後に形式通りの文章にする事が成果物。

 

代替え案を用意しておこう

 世の中正解がない事の方が多いから。

 

 まだまだ他にも役立つ事がいっぱいです。強いて言えばもう少し早くこの本に出会っていれば昨年度レポートで苦しまなくて済んだかも(o^^o)

 

 ではまたー。

 

カフェパウゼで法学を―対話で見つける〈学び方〉

カフェパウゼで法学を―対話で見つける〈学び方〉

 

 

 

「孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA」を読んでみた

こんにちは、kinです。

 

 今年の夏はいくつも取り組んでみたい事があります。それもすべて同時進行。どうやったら取りこぼしなくやり切れるだろうかと思っていたところに「孫社長のむちゃぶりをすべて解決してきたすごいPDCA」という本を見つけました。

 

 PDCAサイクル、サラリーマン時代ウンザリするほどやりました。Planのテンションが最高でDo、Checkと順調にテンションが下がりActionに至っては「ん?」といったありさまでした。

 

 そんな私が気になった3つのことを紹介します。

 

毎日できることを目標にする

 具体的に行動でき毎日やれることを目標にする事で失敗に早く気づき改善を繰り返す。今までは月1回くらいでした。だから忘れちゃう(o^^o)

 

数字で目標、検証しプロセスの見える化する

目標は数字で立てる事は今まで言われてました。なので検証も当然数字ですね。私が今回お!と思ったのはプロセスの見える化です。そこで多変量解析や簿記のT字勘定を応用する方法です。ボトルネックやデータの相関を見つけることでPlanつまり仮説が正しいか検証できます。

 

6:3:1の法則で最善の方法を手に入れる

新しい方法を全体の1割の規模で試してみる。うまくいけば3割に増やしてみる。

 

 今私は福祉業界にいるので一般的には数字で表現しにくい世界にいます。でも本当でしょうか?これらを日々の目標の中で行なっていけば確かにPDCAサイクルは回りますね。あとは行動するのみです。

 

 その他にもヒントになる事がいっぱい書かれていました。

 

 



 

チコちゃんに叱られる

こんにちは、kinです。

 

 NHKEテレで毎週土曜日朝放送しているチコちゃんに叱られる。内容といいチコちゃんのツッコミといい超真面目にふざけているところといいさすがNHKなんでという番組です。

 

 私が注目したのはチコちゃんの顔。CGらしいです。あれだけ動いていてもちゃんとずれることなく表情が出ているところが「さすがNHKなんで」って感じです。

f:id:machu4946:20180714213304p:image

合成は今までもあったけど表情がCGってなかったのでは?

f:id:machu4946:20180714213409p:image

お決まりの叱るシーンや他の表情も。

f:id:machu4946:20180714213503p:image

これからはこんな合成も増えるかもねー。

内容はもちろんチコちゃんの表情にも注目です。

 

 

 

災害支援物資積み込み

こんにちは、kinです。

 

7/14付静岡新聞に掲載されていた被災地向け資機材積み込みをしていました。私は写真に写ってません(o^^o)

 

 町社協の防災備蓄倉庫がさつき園さんにある事も知りませんでした。割と小さい倉庫なのですがさまざまなものが入っていました。土嚢袋、スコップ、トロ舟、ねこ(一輪車)など。人も多く集まり積み込みは1時間強で終わりました。

 

 この資材赤い羽根共同募金で買ったものもありました。共同募金でこのようなものも買っているんですね。被災地で役に立ってくれることを願っています。

 

  SDGsの17の目標に直接結びつくものではないかもしれませんが、助け合い、パートナーシップの精神は大切ですね。

f:id:machu4946:20180714211922j:image

富士市のトイレトレーラー災害現場へ

こんにちは、kinです。

 

 先月静岡市で 行ったSDGsカードゲーム。たまたま富士市役所の方が参加してくださり講座後にトイレトレーラーのことを教えてくれました。

 

 このトイレトレーラー、クラウドファンディングで資金を集めたそうです。すごいですね。災害時のトイレは切実ですもんね。

 

 7/13(金)私が勤めている長泉町でも災害支援物資を積み込んで広島へ向けて出発しました。このトイレトレーラーも現地で活躍しています。Facebook情報によると現地で活動しつつ改善に向けた意見ももらっているとの事。自己満足ではない活動、素晴らしいですね。

f:id:machu4946:20180714103707p:image

SDGsがテレビ番組になる

最近いろんなところで注目を集めている SDGs。ついにテレビ番組になるようです。

 

https://www.google.com/url?rct=j&sa=t&url=https://news.mynavi.jp/article/20180627-655886/&ct=ga&cd=CAEYACoTOTc3NzA2MDc2MDkyMDg5MjQzODIaNWVlZTc4ZjI1ZjBjOGQyNDpjb206amE6VVM&usg=AFQjCNGLJQNrlJj9gRzpxlQ5MhZPSJ968w