kin's labo

SDGsと運動とPoints of Youで身体も心も健康に

書評 子どもにやさしい学童保育

こんにちは、kinです。

 

 学童保育がいつから始まったのかわからないのですが、うちの娘が通っていたことを考えると少なくとも10年前には沼津市でも行われてきました。その時点で沼津市内の小学校に学童保育施設がありました。きっと他の地域もこの時点では運営されていたと思います。今共働き世帯増えてますもんね。子どもの人口は減っていても学童に通う子どもは増えているかもしれませんね。移転というイベントを通して学童保育の施設を考えた本です。

 

学童保育には設置基準がある。

 学童保育を行うにあたり、厚生労働省から基準が示されています。広さ、設備、人員(資格)など。補助を受けなければ気にする必要ないかもしれませんが、安全に保育をするためには無視できないと思います。

 

大学(学生)の力を借りる

 近年大学生が地域づくりに参加しています。研究室の活動だったりサークルだったり個人的だったり。われわれ普通の保護者では設備をどう配置したらいいのかとか建築要素はわからないですよね。大学生の力を借りるのは良い手では?学生もフィールドで学習できるメリットがあると思います。

 

 いろんなところの学童保育を知る

 本書によると名古屋市では保護者が学童保育を運営しているとありました。私の住む沼津市と違うと思います。全く自信ないですが。どちらかというと行政サービスの一つというイメージでみてましたが、そうではない地域の方が多いかも。仕組み、建物、設備など当たり前と思っていた事が世の中では稀な事もあるかもしれません。

 

 本書は施設を通して各地の学童保育を紹介しています。学童保育の役員さん、管理者や指導員の方などはじめ学童保育に関わる方が読むとあれ?うちと違う!という事が出てきます。子ども達にとって過ごしやすい場を提供するためにも一読をお勧めします。

 

子どもにやさしい学童保育 (そこが知りたい学童保育ブックレット)

子どもにやさしい学童保育 (そこが知りたい学童保育ブックレット)

 

 

 

学習支援のチャレンジ

こんにちは、kinです。

 

SDGs17の目標に「質の高い教育をみんなに」とある。質の高い教育というと単純に高等教育というイメージを持ってしまう。

 

 文部科学省の統計資料より平成27年度調査で30日以上心理的情緒的理由から登校できなかった中学生は全中学生の2.83%。これを見ると少なく感じるが、この数字はおよそ35人に一人不登校生徒がいることを意味します。つまり平均ひとクラス1名。

 

 学校へ行く事が全てとは思わないが、将来学校より多くの人と関わる事になることを考えるとひきこもることは本人にとっても不幸ですし、家族にとっても不幸だと思います。社会にとっても大きなマイナスだと考える。

 

学習塾ではないからできること

 

 我々の学習支援は言ってみれば教育に関して素人。でも素人だからこそできる事がある。

 勉強を教えるということに関してはとてもプロにはかなわない。でも地域資源をつなげ地域の力で教育することはできる。

 2018年地域の力で学習支援をすることにチャレンジしたい。

 まずはスポーツの分野から。

 

 そしてこれが私ができる「教育をみんなに」

ことし

元旦は寒かったが風はなく穏やかな初日の出を拝む事が出来ました。

 

f:id:machu4946:20180101231650j:image

 

振り返ると富士山も

f:id:machu4946:20180101231722j:image

 

朝焼けで紅富士になってました。

 

今年も変化が多い1年になりそうです。まだまだ多くを学び、実践していかなければならない。時間は貴重で、最短距離で目的地に着かなければとてもこなせない。そして他人の時間をむしり取っていないだろうか?

 

 昨年は逆算手帳にライフビジョンを描いたら早く実現した。なので今年は自分の人生をしっかり設計してもう少しいろんなことを計画的に進めたい。

 

f:id:machu4946:20180101233200j:image

「持続可能社会」へ政策立案 静岡市

静岡市は25日までに、国連が採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」に沿い、再生可能エネルギーの普及や食品ロスの削減などが想定されるSDGsに沿った政策立案や、SDGsの普及・啓発活動を展開する方針を固めた。関係者への取材で分かった。地方公共団体によるSDGsの推進は、国が地方創生の新たな目玉に位置付ける。静岡市の取り組みは全国的にも先進事例となりそうだ。
 SDGsは経済・社会・環境を巡る課題解決に向け2015年の国連サミットで採択され、貧困や教育、気候変動など17の目標からなる。地方自治体では実現が難しいテーマもある一方、地方でこそ取り組める課題も多い。6月に開かれた国の推進本部の会合では、安倍首相が「地方創生の実現に資する」と地方での推進を指示した。
 市は17年度内にSDGs推進プログラムをまとめ、18年度以降、政策立案の際にSDGsの理念や考えを反映させる。普及啓発活動としては、ファッションイベントとして国内屈指の規模を誇り、SDGsの啓発活動にも取り組む「東京ガールズコレクション」との連携を視野に入れる。

 

 12月26日静岡新聞朝刊。現在各自治体の政策立案に持続可能社会という視点を取り入れたものが立案されている。

 

 北海道下川町は、ジャパンSDGsアワードを受賞。第1回表彰式が26日、首相官邸で行われた。各自治体で実行可能な様々な取り組みが行われています。

否定と肯定

こんにちは、kinです。

 

ホロコーストはなかったとする否定論者とユダヤ歴史学者のイギリスにおける裁判を元に作られた映画。個人の感情に訴える者が強い影響力をもち事実を軽視する社会風潮。現代にも通じると思う。フェイクニュースはこうやって作られるという側面も見てとれる。しかし気をつけないと自分もあっさり流される。事実を知る、見分ける力が必要と思った。

 

 歴史の歪曲は偶然起きるのではなく、そのひとの思想信条を元におきる。ただそれは感情に訴えてくるため騙されないようにしたい。

f:id:machu4946:20171217224353j:image

乾門一般公開

こんにちは、kinです。

 

 東京へソーシャルアクションの勉強をしに行ったのですが、たまたま皇居乾門の一般公開をしていたので見てきました。

f:id:machu4946:20171210231159j:image

皇居前。芝生の手入れがしっかりされていてさすがは皇居です。

f:id:machu4946:20171210231304j:image入り口。こんなにみんな並んでました。

f:id:machu4946:20171210231438j:image

奥に見えるのは宮殿。でもここに住んでいるわけではないそうです。迎賓館のようなものらしいです。

f:id:machu4946:20171210231616j:image

 宮内庁もこんな趣のある建物。

f:id:machu4946:20171210231721j:image

皇居内も手入れされており綺麗な紅葉を見る事ができました。

f:id:machu4946:20171210231814j:image

 最後にこれが乾門。門の中に見える北の丸公園の紅葉したもみじが綺麗でした。

 

 たまにはこんなお休みもいいものですね。そして警備は厳しかったですね。仕方ないですけど。

フリーで働く

こんにちは、kinです。

 

 働き方改革が叫ばれる今日この頃。フリーで働くという選択肢があります。

 12月9日付日本経済新聞によると

 特定の会社に属さず自由に働くフリーランスや兼業者人口は1100万人を超える規模になった。収入や福利厚生の不安を解消しようと新しい支援サービスが広がり始めている。健康管理、所得保障、託児所。いずれもサラリーマンであれば当たり前のように提供されたり、そもそも施設があったりするので不安を感じることはあまりないかもしれません。

 税制面でも減税する方向で議論されている。フリーランス活用は国の重要課題で政府も後押ししている。

 これもSDGsか、安心して働きたいものですね。