kin's labo

SDGsと運動とPoints of Youで身体も心も健康に

否定と肯定

こんにちは、kinです。

 

ホロコーストはなかったとする否定論者とユダヤ歴史学者のイギリスにおける裁判を元に作られた映画。個人の感情に訴える者が強い影響力をもち事実を軽視する社会風潮。現代にも通じると思う。フェイクニュースはこうやって作られるという側面も見てとれる。しかし気をつけないと自分もあっさり流される。事実を知る、見分ける力が必要と思った。

 

 歴史の歪曲は偶然起きるのではなく、そのひとの思想信条を元におきる。ただそれは感情に訴えてくるため騙されないようにしたい。

f:id:machu4946:20171217224353j:image

乾門一般公開

こんにちは、kinです。

 

 東京へソーシャルアクションの勉強をしに行ったのですが、たまたま皇居乾門の一般公開をしていたので見てきました。

f:id:machu4946:20171210231159j:image

皇居前。芝生の手入れがしっかりされていてさすがは皇居です。

f:id:machu4946:20171210231304j:image入り口。こんなにみんな並んでました。

f:id:machu4946:20171210231438j:image

奥に見えるのは宮殿。でもここに住んでいるわけではないそうです。迎賓館のようなものらしいです。

f:id:machu4946:20171210231616j:image

 宮内庁もこんな趣のある建物。

f:id:machu4946:20171210231721j:image

皇居内も手入れされており綺麗な紅葉を見る事ができました。

f:id:machu4946:20171210231814j:image

 最後にこれが乾門。門の中に見える北の丸公園の紅葉したもみじが綺麗でした。

 

 たまにはこんなお休みもいいものですね。そして警備は厳しかったですね。仕方ないですけど。

フリーで働く

こんにちは、kinです。

 

 働き方改革が叫ばれる今日この頃。フリーで働くという選択肢があります。

 12月9日付日本経済新聞によると

 特定の会社に属さず自由に働くフリーランスや兼業者人口は1100万人を超える規模になった。収入や福利厚生の不安を解消しようと新しい支援サービスが広がり始めている。健康管理、所得保障、託児所。いずれもサラリーマンであれば当たり前のように提供されたり、そもそも施設があったりするので不安を感じることはあまりないかもしれません。

 税制面でも減税する方向で議論されている。フリーランス活用は国の重要課題で政府も後押ししている。

 これもSDGsか、安心して働きたいものですね。

保護司の減少

こんにちは、kinです。

 

 12月7日付静岡新聞夕刊に保護司の減少、高齢化深刻という記事が出ている。

 

保護司って知らない方もいるかもしれないので説明します。保護司は刑務所や少年院から出所した人々の社会復帰を手助けするものですが、民生児童委員と同様、無給です。

 

 会社勤めをしながらこの役目をやるのは厳しいのでは?いまは法律知識、福祉の知識などたくさんのものが必要で住民の中から選ぶのはかなり難しいと思われます。無報酬なのでなりても少なくなります。

 

専門職が担うようになるのかな?

SDGsの国際会議が岡山市で開催

こんばんは、kinです。

 

 SDGsの国際会議が岡山市などで始まりました。あまりニュースで見かけないので主要部分を記載します。

 

 環境保全と経済発展の両立を目指す国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けた初の国際会議が5日、岡山市岡山コンベンションセンターを主会場に始まった。世界25カ国・地域の研究者ら約200人が7日まで、気候変動や食料、エネルギー問題など地球規模の課題に対処するための方策を話し合う。

 岡山市を中心とした地域など、国連シンクタンク国連大学から「持続可能な開発のための教育(ESD)」の地域推進拠点に認定された世界158カ所による「世界会議」。国連大学サステイナビリティ高等研究所(東京)が初めて企画し、岡山ESD推進協議会と岡山大が誘致、岡山市が共催した。

 

 日本でこんな大事な会議が開催されています。そして岡山市はこれでまちおこしを考えているかわかりませんが、世界に対してはとてもPRになるでしょう。

 

 静岡県も手を挙げて欲しかったなぁと思うのは私だけ?

 

 国際会議が自分の住む町で行われなくても実践することはできます。ぜひこれを機会に仕事とは別にいろんな活動に参加してみてはいかがですか?

JALもSDGs 特別塗装機に「SDGs」ロゴマークも追加

こんにちは、kinです。

 

 今日は日本企業によるSDGs普及啓発活動について紹介します。

 

日本航空(JAL)は2017年12月18日(月)から、国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)」の普及、啓発をめざし、「CONTRAIL」の特別塗装を施した777-200に「SDGs」のロゴマークを描きます。羽田発上海着のJL85便から順次、運航を開始する予定で、対象機は機体記号(レジ)「JA705J」「JA707J」です。

 

 そう、機体にSDGsロゴが入っているんです。抜群の宣伝効果があるのですが、多額の費用が掛かる機体の塗装。そこまでJALSDGsに本気であると言えるでしょう。

 

 昨日の経団連が本格的にSDGsに取り組み始めた件といい、今回のJALの特別塗装といい、日本もSDGs取り組みを本格化したと言っていいでしょう。

経団連がSDGsに本腰

こんにちは、kinです。

 

11月8日、経団連が7年ぶりに「企業行動憲章」を改定した。その大きなポイントが、今回のインタビューテーマである「SDGs(持続可能な開発目標)」だ。日本の大手企業が「社会課題の解決」にビジネスの軸を置くことへ舵を切った、象徴的な出来事だ。

 

 外国企業がSDGsを積極的に取り組んでいるのは私のブログをはじめ新聞や雑誌でも取り上げられていたのですが、ついに日本のイノベーション経営を促進するJINを中心にSDGsをビジネスチャンスと捉えて本格的に取り組みます。

 

 日本の大手企業もSDGsに本格的に取り組み始めます。さあ、SDGsを私ごとにしませんか。